カーニヴァル [Kānivaru] 9 (Karneval #9) by Touya Mikanagi

記憶を失い、輪で療養中の嘉禄と、献身的に嘉禄の世話をする无。
自らの記憶と向き合う決心をした嘉禄に、腕輪を差し出す无だったが、
二人は腕輪の持つ不思議な力で、見知らぬ森に飛ばされてしまう。
无から助けを求められた花礫はすぐに捜索に向かおうするが、
クロノメイには“学園を離れることはできない"というルールが――。

This novel is not available at the moment

Request Free Read

Read more free ebooks:


© 2016 Suck_Everything

We don't store any files, we just index the content of another websites via searchengines. If you have any questions please send email novelsbuzz [at] gmail [dot] com